転職のヒケツ転職のヒケツ

「介護職に必要な資格は?」「施設によって違いがあるの?」
特に介護職未経験の方は様々な不安や疑問があるのではないでしょうか?
こちらのページでは、介護職の資格や施設の種類、面接の心得や服装などのポイントをご紹介します。

介護職について

資格の種類

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護に携わる者が、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的としています。 介護・福祉のお仕事をする上で、まず、取得する必要のある資格となります。

介護職員実務者研修

介護職員実務者研修

実務者研修とは、より質の高い介護サービスを提供するための資格です。 サービス提供責任者になるこができ、介護福祉士の国家試験の受験資格となります。

介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士は介護の資格の中でも唯一の国家資格です。 またサービス提供責任者として現場を引っ張っていく立場となり給与アップも見込め、活躍の場が広がります。

ケアマネージャー

ケアマネージャー

ご利用者様やご家族様と、介護事業者の間に立ち、一人ひとりにあわせたケアプランの作成を行います。 また、さまざまな書類作成などがあり、その業務は多岐にわたります。 難易度の高い資格のため、最終目標としてケアマネジャーを目指す人も多いです。

施設の種類

有料老人ホーム

有料老人ホーム

有料老人ホームには、主に「介護付」と「住宅型」があります。 どちらの施設でも日常の生活支援や介護サービスを受けることができます。 違いとしては、介護付は介護・看護スタッフが常駐しており個々に外部サービスを申し込む必要がなく、介護保険が適用されるサービスは施設内のスタッフから受けることができます。 住宅型は、施設内に介護スタッフが常駐していないため、介護サービスが必要なときには、訪問介護や通所介護などの外部サービスを利用し介護を受けます。 近年では、住宅型でも介護付有料老人ホームと同等のサービスを提供する施設が増えているため要介護度が重くなっても生活を継続することができる住宅型有料老人ホームもあります。

グループホーム

グループホーム

グループホームとは、認知症の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活をする地域密着型の介護施設です。 家庭に近い環境で、それぞれが役割を持ち、料理や掃除などを協力して行いながら、認知症の進行を緩和し自立した生活を送れるよう支援します。

グループホーム

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方公共団体が運営主体となっている公的な介護施設です。 介護保険法のもとでは「介護老人福祉施設」とされており、病気や障がいなどによって在宅での生活が困難とされた高齢者が、公的な介護サービスとして入居できる介護施設となっています。 介護サービスを中心に提供する特別養護老人ホームは、寝たきり状態など常時介護を必要とする要介護者の「生活の場」であり、各種レクリエーションなども提供しています。

介護老人保健施設

介護老人保健施設

入院の必要がない高齢者が、主に医療ケアやリハビリを必要とし入所する施設です。 食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されるものの、あくまでも在宅復帰を目的としたもので、提供されるのは自宅などに戻るためのリハビリが中心です。

介護老人保健施設

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設と同じく、要介護者を受け入れています。 施設では介護サービスは提供されるものの、介護療養型医療施設はあくまでも医療機関であり、提供されるのは本来、急性疾患からの回復期にある寝たきり患者に対する医学的管理下のケアが中心です。 そのため、特別養護老人ホームのように終身制ではなく、状態が改善してきた場合には、退所を求められることもあります。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、主に民間事業者などによって運営され、都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅です。 サ高住・サ付きとも呼ばれています。 一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、多額の入居金も必要としないため借りやすいことが特徴です。 住み慣れた地域で最期の時までを過ごすことができ、需要が高まっています。

ケアハウス

ケアハウス

ケアハウスは、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設です。 身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的低い費用で利用できる施設です。

デイサービス

デイサービス

自宅で生活している要支援または要介護者を対象に、食事・入浴・機能訓練・レクリエーション等のサービスを提供します。 基本的に日帰りですが、介護保険適用外の宿泊サービスを提供する事業所も増えています。

面接対策

履歴書の書き方

履歴書は手書きがベスト!

履歴書は手書きがベスト!

パソコンが主流の現代ですが、やはり手書きの文字には、あなたの熱意や思いが読み手に伝わります。 黒インクのボールペンか万年筆で一字一句を読みやすい丁寧な文字で書きましょう。

記入欄は全て記入が原則!

記入欄は全て記入が原則!

記入欄に空白が多いと、やる気や熱意が伝わらず、よくない印象を与えます。 どの項目も書ける範囲ですべて埋める努力をしましょう。

自由項目は自分の言葉で!

自由項目は自分の言葉で!

採用担当者はあなたがどのような人なのかを知りたいはず。 なぜここで働きたいのか、どのような志望動機があり、自分のなにを活かしたいのか、自分の言葉で自分の思いを書きましょう。

修正は当然NGです!

修正は当然NGです!

もし記入内容を間違えてしまったら、新しい履歴書に書き直しましょう。 修正液や修正テープで訂正したり、二重線での訂正もNGなので注意しましょう。

書き終えたら見直しを!

書き終えたら見直しを!

記入内容に誤字脱字がないか必ず書き終えた後にチェックしましょう。
書き終えた履歴書を控えとしてコピーしておくと、面接直前に確認が出来たり、新しく履歴書を作成する際に役立ちます。

書き終えたら見直しを!

面接のポイント

ポイントは清潔感!面接官に好印象を!

ポイントは清潔感!面接官に好印象を!

第一印象はとても重要です。 外見や立ち振る舞い、マナー、また清潔感があるか、などを面接官は見ています。服装はスーツが無難です。 また髪型もきちんと整えてメイクやネイルもナチュラルにしましょう。 さわやかで清潔感のある印象を与えるよう、面接当日の朝は出かける前に鏡で全身チェックをしましょう。

遅刻は厳禁!慌てず余裕をもった移動を

遅刻は厳禁!慌てず余裕をもった移動を

きちんと余裕をもって面接開始時間に間に合っているかどうか確認しておきましょう。 時間を守るという事は社会人として当然の常識です。 常に5分前行動をとれるよう、面接開始時間から行動を逆算し、1日のプランニングをしておきましょう。

良い印象を残せるような常に笑顔で

良い印象を残せるような常に笑顔で

まずは、「笑顔で挨拶できる人かどうか」がとても重要です。 面接官はもちろん、受付や、他のスタッフ、利用者さんにも元気よく挨拶をしましょう。また、面接官は面接だけが仕事ではありません。 面接の最初と最後には感謝の気持ちを添えて「本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうござます!」と伝えるのがのぞましいです。

言葉遣いで与える印象が変わります

言葉遣いで与える印象が変わります

社会人としての適切な言葉遣いで、自分なりの言葉で論理的に会話できるかどうかも見られています。 人と対面して会話をする際に、表情はとても大事なコミュニケーションのツールです。 きちんと正しい敬語でお話ししましょう。 自信を持って話せるよう鏡を見ながら話す練習をする事も効果的です。

準備は万全ですか?

面接に臨む前に
考えておきたい
ポイント

● 志望動機を意欲的に伝えることができるか。 ※ポジティブな内容で。前職の愚痴はNG
● 施設が最重要視する能力を備えているか。
● 他の人にはない長所、能力、専門知識、セールスポイントを備えているか。
● 視野の広さや器の大きさ、存在感など、将来性を感じる人材か。
● 施設の風土に合っており、長く一緒に働きたいと思えるような人物かどうか。

事前準備こそ
内定獲得のカギ!

よく面接で聞かれる
質問とは?

● 志望動機を教えてください。
● 前職を退職された理由を教えてください。
※転職回数が多い場合、過去に遡って聞かれることもあります
● 今までの業務で大変だったことは何ですか?
● なぜ、介護の仕事に携わろうと思ったのですか?
● ご自分の長所と短所を教えてください。
● 仕事で大切にしていることは何ですか?
● 介助する上で気をつけていることはありますか?
● 今後のキャリアプランはどのように考えていますか?

未経験の職種に応募する方へ

介護職に関わらず未経験の業界を受ける場合に大切になってくるのは、「介護職に対しての意欲」と「お仕事に対する柔軟性」です。 面接の前に、自分が持っている固定観念は一旦置いてから臨むようにすると良いでしょう。 当日の受け答えを頭の中でシュミレーションして、イメージトレーニングをしましょう。 ハキハキと笑顔での受け答えを心掛け、あなた自身を知ってもらえるよう熱意や思いをしっかり伝えましょう。

介護職について

資格の種類

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護に携わる者が、基本的な介護業務を行うことができるようにすることを目的としています。 介護・福祉のお仕事をする上で、まず、取得する必要のある資格となります。

介護職員実務者研修

介護職員実務者研修

実務者研修とは、より質の高い介護サービスを提供するための資格です。 サービス提供責任者になるこができ、介護福祉士の国家試験の受験資格となります。

介護福祉士

介護福祉士

介護福祉士は介護の資格の中でも唯一の国家資格です。 またサービス提供責任者として現場を引っ張っていく立場となり給与アップも見込め、活躍の場が広がります。

ケアマネージャー

ケアマネージャー

ご利用者様やご家族様と、介護事業者の間に立ち、一人ひとりにあわせたケアプランの作成を行います。 また、さまざまな書類作成などがあり、その業務は多岐にわたります。 難易度の高い資格のため、最終目標としてケアマネジャーを目指す人も多いです。

施設の種類

有料老人ホーム

有料老人ホーム

有料老人ホームには、主に「介護付」と「住宅型」があります。 どちらの施設でも日常の生活支援や介護サービスを受けることができます。 違いとしては、介護付は介護・看護スタッフが常駐しており個々に外部サービスを申し込む必要がなく、介護保険が適用されるサービスは施設内のスタッフから受けることができます。 住宅型は、施設内に介護スタッフが常駐していないため、介護サービスが必要なときには、訪問介護や通所介護などの外部サービスを利用し介護を受けます。 近年では、住宅型でも介護付有料老人ホームと同等のサービスを提供する施設が増えているため要介護度が重くなっても生活を継続することができる住宅型有料老人ホームもあります。

グループホーム

グループホーム

グループホームとは、認知症の症状を持ち、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながら1ユニット(5~9人)で共同生活をする地域密着型の介護施設です。 家庭に近い環境で、それぞれが役割を持ち、料理や掃除などを協力して行いながら、認知症の進行を緩和し自立した生活を送れるよう支援します。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームとは、社会福祉法人や地方公共団体が運営主体となっている公的な介護施設です。 介護保険法のもとでは「介護老人福祉施設」とされており、病気や障がいなどによって在宅での生活が困難とされた高齢者が、公的な介護サービスとして入居できる介護施設となっています。 介護サービスを中心に提供する特別養護老人ホームは、寝たきり状態など常時介護を必要とする要介護者の「生活の場」であり、各種レクリエーションなども提供しています。

介護老人保健施設

介護老人保健施設

入院の必要がない高齢者が、主に医療ケアやリハビリを必要とし入所する施設です。 食事や排泄の介助などの介護サービスは提供されるものの、あくまでも在宅復帰を目的としたもので、提供されるのは自宅などに戻るためのリハビリが中心です。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設と同じく、要介護者を受け入れています。 施設では介護サービスは提供されるものの、介護療養型医療施設はあくまでも医療機関であり、提供されるのは本来、急性疾患からの回復期にある寝たきり患者に対する医学的管理下のケアが中心です。 そのため、特別養護老人ホームのように終身制ではなく、状態が改善してきた場合には、退所を求められることもあります。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、主に民間事業者などによって運営され、都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅です。 サ高住・サ付きとも呼ばれています。 一般的な賃貸住宅よりも高齢者が住みやすく、多額の入居金も必要としないため借りやすいことが特徴です。 住み慣れた地域で最期の時までを過ごすことができ、需要が高まっています。

ケアハウス

ケアハウス

ケアハウスは、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される福祉施設です。 身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、自治体の助成を受けて有料老人ホームよりも比較的低い費用で利用できる施設です。

デイサービス

デイサービス

自宅で生活している要支援または要介護者を対象に、食事・入浴・機能訓練・レクリエーション等のサービスを提供します。 基本的に日帰りですが、介護保険適用外の宿泊サービスを提供する事業所も増えています。

面接対策

履歴書の書き方

履歴書は手書きがベスト!

履歴書は手書きがベスト!

パソコンが主流の現代ですが、やはり手書きの文字には、あなたの熱意や思いが読み手に伝わります。 黒インクのボールペンか万年筆で一字一句を読みやすい丁寧な文字で書きましょう。

記入欄は全て記入が原則!

記入欄は全て記入が原則!

記入欄に空白が多いと、やる気や熱意が伝わらず、よくない印象を与えます。 どの項目も書ける範囲ですべて埋める努力をしましょう。

自由項目は自分の言葉で!

自由項目は自分の言葉で!

採用担当者はあなたがどのような人なのかを知りたいはず。 なぜここで働きたいのか、どのような志望動機があり、自分のなにを活かしたいのか、自分の言葉で自分の思いを書きましょう。

修正は当然NGです!

修正は当然NGです!

もし記入内容を間違えてしまったら、新しい履歴書に書き直しましょう。 修正液や修正テープで訂正したり、二重線での訂正もNGなので注意しましょう。

書き終えたら見直しを!

書き終えたら見直しを!

記入内容に誤字脱字がないか必ず書き終えた後にチェックしましょう。
書き終えた履歴書を控えとしてコピーしておくと、面接直前に確認が出来たり、新しく履歴書を作成する際に役立ちます。

面接のポイント

ポイントは清潔感!面接官に好印象を!

ポイントは清潔感!面接官に好印象を!

第一印象はとても重要です。 外見や立ち振る舞い、マナー、また清潔感があるか、などを面接官は見ています。服装はスーツが無難です。 また髪型もきちんと整えてメイクやネイルもナチュラルにしましょう。 さわやかで清潔感のある印象を与えるよう、面接当日の朝は出かける前に鏡で全身チェックをしましょう。

遅刻は厳禁!慌てず余裕をもった移動を

遅刻は厳禁!慌てず余裕をもった移動を

きちんと余裕をもって面接開始時間に間に合っているかどうか確認しておきましょう。 時間を守るという事は社会人として当然の常識です。 常に5分前行動をとれるよう、面接開始時間から行動を逆算し、1日のプランニングをしておきましょう。

良い印象を残せるような常に笑顔で

良い印象を残せるような常に笑顔で

まずは、「笑顔で挨拶できる人かどうか」がとても重要です。 面接官はもちろん、受付や、他のスタッフ、利用者さんにも元気よく挨拶をしましょう。また、面接官は面接だけが仕事ではありません。 面接の最初と最後には感謝の気持ちを添えて「本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうござます!」と伝えるのがのぞましいです。

言葉遣いで与える印象が変わります

言葉遣いで与える印象が変わります

社会人としての適切な言葉遣いで、自分なりの言葉で論理的に会話できるかどうかも見られています。 人と対面して会話をする際に、表情はとても大事なコミュニケーションのツールです。 きちんと正しい敬語でお話ししましょう。 自信を持って話せるよう鏡を見ながら話す練習をする事も効果的です。

準備は万全ですか?

準備は万全ですか?

● 志望動機を意欲的に伝えることができるか。 ※ポジティブな内容で。前職の愚痴はNG
● 施設が最重要視する能力を備えているか。
● 他の人にはない長所、能力、専門知識、セールスポイントを備えているか。
● 視野の広さや器の大きさ、存在感など、将来性を感じる人材か。
● 施設の風土に合っており、長く一緒に働きたいと思えるような人物かどうか。

事前準備こそ内定獲得のカギ!

事前準備こそ内定獲得のカギ!

● 志望動機を教えてください。
● 前職を退職された理由を教えてください。
※転職回数が多い場合、過去に遡って聞かれることもあります
● 今までの業務で大変だったことは何ですか?
● なぜ、介護の仕事に携わろうと思ったのですか?
● ご自分の長所と短所を教えてください。
● 仕事で大切にしていることは何ですか?
● 介助する上で気をつけていることはありますか?
● 今後のキャリアプランはどのように考えていますか?

未経験の職種に応募する方へ

介護職に関わらず未経験の業界を受ける場合に大切になってくるのは、「介護職に対しての意欲」と「お仕事に対する柔軟性」です。 面接の前に、自分が持っている固定観念は一旦置いてから臨むようにすると良いでしょう。 当日の受け答えを頭の中でシュミレーションして、イメージトレーニングをしましょう。 ハキハキと笑顔での受け答えを心掛け、あなた自身を知ってもらえるよう熱意や思いをしっかり伝えましょう。
仮登録する お問い合わせする 仮登録する お問い合わせする